人気のグレージュグラデーションへの道、大事なのは「土台」作り! | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
人気のグレージュグラデーションへの道、大事なのは「土台」作り!
Apr. 16. 2017 / 1944 Views

こんにちは、青森市のカラー大好き美容室「アオノハ」成田ヨシヒロです。

春になってカラーリングは本当にトーンアップされる方が多いです。
みんなハイな気分なんですね。私もです。

理由なくワクワクする季節。それだけで何か変化をつけたくなる。
それでいいんです!

そして髪色を明るめにするなら、「黄色っぽく、オレンジっぽくなりやすい」のが気になるところ。

だからグレージュまたまた増殖中です

こんな赤み抹殺された髪色。反響大きかったのでこの色味までの流れを。

[before]

前回の施術で、中間〜毛先はブリーチ履歴、ハイライトもバレイヤージュ気味にランダムに入ってます。

という、オシャレ感のあるベースなのですが、

全体もう一度ブリーチさせていただきました。
この仕上がりまで行くならね。
ベースはこのくらい明るくするのが必要なのです。

しかしその写真が撮れていないのです…!

今回一番の反省と共に、それほど髪質によってはブリーチは切迫した施術ということも言い訳として…

そのあとでモノトーンとアクセントのブルーを(あと、絶妙な濃度のバイオレットを)。

MONOTONE

FASHION COLOR

Mt/モノトーン

クリア感のあるグレイッシュ

詳しく見る >

しっかり注入するのです。

そして[仕上がり]

となります。

「思ったようなアッシュにならない!」という方にやはり多いのが「ベースの作り込み」
がなかなかできず、元の髪色の赤みやオレンジが強くある状態なのが原因かと思います。

暗めのトーンならいけるかと思いますが、ハイトーンな外国人風にはベース作りがとっても大事。

ご参考になりますように!

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

成田ヨシヒロ

アオノハ 
成田ヨシヒロ

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名アオノハ 

取扱カラーすべてのカラー

URL