明るくできないときは、〇〇なカラー剤を使うと綺麗に発色します。 | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
明るくできないときは、〇〇なカラー剤を使うと綺麗に発色します。
Dec. 03. 2017 / 759 Views

こんにちは、air-KOBEのオギワラです。

個人ブログもご覧ください↓↓

荻原峻一 | air-KOBE(エアー神戸)スタイリスト

air-KOBE(エアー神戸)で美容師をしております荻原峻一です。ブログでは、air-KOBE(エアー神戸)での日常や髪の知識、ヘアアレンジの仕方などを分かりやすく載せています!なかなか行きつけの美容院、お気に入りに出会えていない方はぜひ一度お越しください

カラーをするときに、あまり明るくできない方というのは、アンダーのメラニン色素が多く残っているため、

オレンジになったり、ブラウンになったりします。

そういった場合は染料の鮮やかなカラー剤を選ぶと綺麗に見えます。

今回はBLUEとViolet。

自然光に当たるとかなり綺麗に発色します。

是非お使い下さい。

THROWカラーで素敵なbeauty lifeを☆

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

荻原峻一

air-KOBE
荻原峻一

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名air-KOBE

取扱カラーすべてのカラー

URL