【ダブルアッシュ】ブリーチなしでグレージュ感は実際どこまで出せるのかをリアル実況解説 | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
【ダブルアッシュ】ブリーチなしでグレージュ感は実際どこまで出せるのかをリアル実況解説
Sep. 15. 2017 / 4617 Views

こんにちは、青森市の美容室「アオノハ」成田です。

今回はものすごくあるあるな事案。

しっかりグレージュにしたいけどブリーチはしたくない

やはり昨今のヘアカラーのトレンドというかもはやベーシックになりつつある
「アッシュ」「グレー」「グレージュ」「ブルージュ」等の寒色戦国期

インスタやその他様々なwebから保存してご来店される方がほとんどですね。

そして同時にそれに比例してカウンセリングで多くなるやりとり、
「これはブリーチが必要」案件

そこはもうお客様とのコミュニケーション。
メリットもデメリットもお伝えして共有した上で、「ブリーチGO!」の時もたくさんあります。

しかしやっぱりブリーチは難しいお客様も多いですよね。

でもナチュラルなアッシュブラウンよりはもっとこう、、、
わかります。
そんな時は

ダブルアッシュ

ご存知の方も多いかと思いますが、なかなか便利で有能なブリーチを使用しないダブルカラーという手法。

一度のカラーリングでは出せない質感を表現できます。

ビフォアがこちら、

毛先はまずまずハイトーンですが、ある程度カットするのと、中間までは赤みが強めの状態です。

一度めは明るめのアッシュ系を

時間をおいて、一度シャンプーした状態

濡れた状態だと暗く見えますが、このまま乾かしてもやや明るめのふんわりベージュっぽい感じになってます。

このベースに、2度めのカラー。今度は濃いめの染料の薬剤配合で、黄色み、オレンジみを抑え込んでいきます。

そしてシャンプー、ドライ後がこちら!

なかなか通常のカラーでは実現の難しい透明感、透け感が出ています。

店内なので照明の環境で見え方は若干変わります。

完全自然光ならもっとグレージュ感は見えてきますね。

ビフォアの状態、髪質、求めるイメージよって変動はしますが、割とリアルなケースです。
「ブリーチはしたいけどグレージュにしたいな〜」という方、ぜひご参考ください。

 

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

成田ヨシヒロ

アオノハ 
成田ヨシヒロ

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名アオノハ 

取扱カラーすべてのカラー

URL