THROWを取り扱うようになって1年、明らかに多くお客様にいただく言葉 | THROW JOURNAL
お役立ち
THROWを取り扱うようになって1年、明らかに多くお客様にいただく言葉
Jun. 23. 2017 / 863 Views

こんにちは、青森市の美容室「アオノハ」成田です。

アオノハはTHROW発売の少し後の7月オープンなので、ちょうどTHROWを取り扱って1年。
カラー客が極めて多いアオノハの歩みはもはやTHROWと共にですね。

これまでなかなか難しかった質感の髪色を実現できるので、仕上がりでお客様から喜びのお言葉をいただくことが本当に多いです。

やっぱり多いオーダーは透明感のある寒色系

キレイです。

そんなTHROWカラーな毎日を過ごし、お客様のヘアスタイルと向き合った1年、明らかに、これまでよりお客様から多く行っていただく言葉があります。

色もちがいい

はじめはたまたまこのお客様がそう感じられたのかな??とも思いましたが、他のお客様からも同様の声が続々。
ファッションカラーも白髪染め(コンフォートライン)使用の時も。

正直なところ、これは意外でした。

あまり「色持ちの良さ」を強く打ち出している製品ではなかったので(…と、自分では思ってます)。

そして美容師の私から見ると、「割と予想通りの褪色具合」なんです。
でもお客様からは「色持ちがいい」と言っていただく。。

なんでだろう、どういうことなのかな〜と、考えながらまた日々カラーをし、お客様といろいろお話ししていくうちに、自分の中での答えが。

褪色して「赤み」「黄色み」が出るのが嫌なんだ、

日々のシャンプーでどうしても徐々に色は抜けていくもの。もちろんTHROWでも。
でもTHROWはブラウンベースではなく、「薄いブルー」がベースのカラー剤なので今人気の髪色が実現しやすい。

そうすると多くのカラー剤ではい色落ちしたら赤茶っぽい色味が出てくるのに対して、THROWはまだ淡いアッシュ感が髪の毛内部に残る。

なので、同じ抜けていく過程でも「まろやかなアッシュ感」が続きやすいんです。
ハイトーンでしっかりグレージュにした後も、染めたてのグレイッシュな色味は少しずつ変わっていくけど、すぐキンキンな黄色になるよりも、柔らかなベージュっぽさが続きます。

その感じがお客様の満足度を上げてくれていたようです。

1年間THROWと共に歩んで私が感じる好きなところ、お客様の反応。

今後もより使いこなしてまいります。

個人ブログも日々更新↓

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

成田ヨシヒロ

アオノハ 
成田ヨシヒロ

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名アオノハ 

取扱カラーすべてのカラー

URL