たまにはこんな染め方も!ピンクとモノブルーのツーセクションカラー | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
たまにはこんな染め方も!ピンクとモノブルーのツーセクションカラー
Mar. 30. 2017 / 1075 Views

いつもTHROWジャーナルをお楽しみの皆様おはようございます
福岡県大牟田市のangeeアンジーの大里です

今回はたまには気分を変えたくてヘアカラーどうしようとお悩みの方にご提案
グラデーションやインナーカラーなどもやってみたいけどブリーチは…

そうです気になりますよねダメージとか
ブリーチなしでワンプロセスでできるヘアカラーをご紹介していきます

ツーセクションカラーとは

個人的見解では簡単にいうと2つのパネルに分けるといいますか

こんなふうに上下に分けたりして塗り分けるカラーです
場所はどこでもいいんですが、ざっくり分けてしまうわけです

メリットとしては

1.いつもと違う特別なヘアカラーをできる
2.次回にヘアカラーするときに塗り分けてるラインがよみやすいので
次の展開がしやすい(ランダムなヘアカラーは場所による塗り分けが困難なケースもあったりする)
3.巻いたりしたときに2つの色味のコントラストが綺麗
などでしょうか

薬剤はこんな設定で

上はモノブルー
モノトーン8:BLUE 1:1 オキシ6%

下はピンク
ピンク8 オキシ6%

仕上がりはこちら

動きがでたときに色のコントラストがでて綺麗です
そんなに強調するわけでもないのでオフィスでも何とかいけるんじゃないのでしょうか
下ろしてると目立たないです

でもよく見ると

ツーセクションカラー!

明るさで変化をつけたり
色味で変化をつけたりと
バリエーションは様々です
ヘアアレンジした時も見えやすいので可愛いです
比較的チャレンジしやすいヘアカラーですので是非ご参考ください(^.^)

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

大里 健二

hair atelier angee
大里 健二

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名hair atelier angee

取扱カラーすべてのカラー

URL